セカンドオピニオンについて知ったこと

家内が肺がんになった際に、セカンドオピニオンの必要性についていろいろなところから
情報を聞くことができました。主治医に頼りっぱなしではなく、自分でも知識を得て、
新たな可能性を探っていくことの必要性です。私も家内もセカンドオピニオンについて
検討はしましたが、知り合いにちょうど先生がいて、癌の治療も一般化されていて
通常の治療以外を臨むのでなければ、治療のステップや提案に違いはないという話を
聞かされました。そして、主治医の治療方針をその知り合いに聞いたところ、やはり
一般的な療法ということも確認できたのです。家内は特殊な療法をあまり望んでいなかった
こともあって、今の主治医に落ち着いています。しかし、今は問題ないですが今度
差し迫った状況になった場合には、セカンドオピニオン、または特殊療法にもすがること
が出てくるかもしれません。最終的には患者、本人が意思を持って決めることですから。
自己責任で治療も進めるべきだと感じています。